園芸肥料等のネットショップ。お馬のたい肥を開発。 株式会社ヤマトコーポレーション 静岡県焼津市

園芸肥料・用土・製造・卸 株式会社ヤマトコーポレーション
商品案内
切り花長もち剤
肥料
培養土
土壌改良材
園芸情報
花を育てよう
園芸Q&A
返品について
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
会社案内
リンク
株式会社ヤマトコーポレーション 静岡県焼津市小柳津160-4 FAX:054-627-9289 TEL:054-629-6000
  TOP 園芸情報 >園芸マメ知識 花を育てよう 家庭菜園で野菜を育てよう 園芸Q&A
肥料はなぜ必要か? 土の事を知る

−植物の育成に必要な成分−
私たち人間と同様に植物も常に栄養分を必要とします。植物の場合、約90%が水と言われています。残りの10%の内9.6%が酸素・水素・炭素で、0.4%の中に微量ですが数多くの成分が含まれています。植物の生育に必要なものは、酸素・水素・炭素・窒素・リン酸・カリ・カルシウム・マグネシウム・硫黄・鉄・マンガン・ホウ素・亜鉛・モリブデン・銅・塩素の16成分です。

−補給が必要な成分−
16成分中の炭素・水素・酸素は、自然界から得られますが、他の13成分は肥料として与える必要があります。チッ素(N)リン酸(P)カリ(K)の3成分が『肥料の3要素』と呼ばれ肥料のパッケージなどには N10・P5・K8 などと表示されています。(この場合100gあたりNが10g、Pが5g・Kが8g含まれていることを表します)その他の成分は、中量要素・微量要素と呼ばれ、植物を正常に育成する為にはこれらの成分をバランスよく与えることが必要になります。

−主な成分の働き−
三大要素

チッ素(N)・・・植物の葉や茎を大きくし、葉の色を濃くします。植物のタンパク質や葉緑素などをつくる為に必要となります。=「葉肥」
リン酸(P)・・・開花・結実に役立つため「実肥」といわてます。りん酸は、花数を増やし実を豊かにし、過度に与えても弊害はほとんどありません。
カリ(K)・・・根の発育を促進するため「根肥」といわれています。植物の成長促進をはかり、病気や寒さなどに対する抵抗力をつける作用もあります。

中量要素

マグネシウム(Mg)・・・植物が光合成 するとき必要な葉緑素の重要な構成成分です。リン酸の働きを助けます。
カルシウム(Ca)・・・植物の細胞と細胞とを強固に結びつける働きや、根の正常な発育にとって欠かせない成分です。酸性の土を中性にします。
・・・生長の調整。タンパク質を作るアミノ酸には硫黄が不可欠なものもあり、酸化・還元に関与します。

○土の役割
植物は地中に根をしっかりと張ることによって地上部にある茎や幹を支えています。土は根の吸収に必要な酸素を与え、成長に必要な水や養分を与える役割を受け持っています。また土の中にはミミズなどの小動物の他、微少なバクテリア等の細菌類やカビ等の微生物を持っています。これらは分解者と呼ばれ土の中の有機物を分解してチッ素とリン酸を取り出したり、土の中の肥料分を植物が吸収しやすく変化させたり、土を団粒状にする働きをしています。

○優良な土
根の呼吸に必要な空気を含む為のすき間があり、通気性に富む事、適度に水を含む保水性のある事、養分を含みやすい保肥力のある事で、これらの条件をバランスよく持つ土が良い土といえます。
自然界では、微生物などが有機物を分解する過程の中で、つなぎ合わされた様な状態(団粒化)に変わります。団粒化された土は粒と粒の間に空気や水分、養分を蓄える事が出来るようになります。


単粒構造

団粒構造

一般的な植物を育てる上では、適度な団粒構造を持った弱酸性の土が優良な土と言えます。

○培養土の種類と特徴

赤土・赤玉土
赤褐色の粘土質で弱酸性。保水性・通気性が良い。
鹿沼土
赤土のさらに下層にある黄色い酸性土。サツキや盆栽などで単用することがある。保水性・通気性が良い。
ピートモス
湿地帯などのコケ類が堆積し泥炭化したもので酸性が強い。通気性・保水性・排水性・保肥性が良い。
くん炭
もみがらを蒸し焼きで炭化させた物、アルカリ性の性質を持つ。土壌の表面にまくと地温を高める効果も持つ。
バーミキュライト
ひる石を高温で処理し、薄い多層の板状にしたもの。無菌で非常に軽く、通気性・保水性に優れている。根作りが促進される。
パーライト
真珠岩を細かく粉砕し高温加熱処理を行ったもの、非常に軽い。多孔質で保水性・通気性・排水性を高める。
ゼオライト
沸石を含んだ凝灰岩を細かく砕いたもの。有害な物質を吸収する性質がある。根ぐされを防止させる用途がある。保水性・保肥性が高い。
軽石
多孔質で通気性に富み、若干の保水性もある。通気性を好むラン等の植えつけや、鉢底のゴロ石、他の用土と混ぜ、通気性・排水性の改善に使用する。
copyright(c)2005 YAMATO CORPORATION all right reserved.